業種別のオシャレなのぼりとは?(居酒屋部門)

のぼり旗が一番多く使われているのではと思うのが、居酒屋ではないでしょうか。

居酒屋で目をひく、オシャレなのぼり旗についてまとめています。

☆居酒屋、小料理屋部門では

ただ単に赤地に黒い文字で居酒屋と描かれたのぼり旗はありふれていますよね。

人目にもつきにくく、あまり立ち止まって見てもらえません。

このオリジナルのぼり制作会社で作られたのぼり旗は、書体をガラリと変え、和モダンな書体で「居酒屋」や「お酒処」と描かれたものがあり、このようなデザインのオシャレなのぼりはあまり見たことがないので、注目されるのではと思います。

☆お酒やビール部門では

お酒やビールののぼり旗は居酒屋では必需品ですよね。

お酒やビール、ワインののぼりには「シズル感」が大切だと言われています。

グラスについた水滴やビールの泡がとてもおいしそうに見えるようなデザインのものを立てておくと、ついつい寄ってしまうというお客さんが増えると言われています。

グラスに入った冷えたビールの写真や、写真がなくてもおいしいワインやビールがあるということをアピールしたのぼりがあり、お客さんが集まりそうなデザインのぼりがたくさん用意されています。

☆海鮮物、大漁旗部門では

居酒屋というと海鮮物がありますが、目をひくのぼりというと漁師が持つ大漁旗のデザインに似たものです。

あまりこのようなデザインののぼりは見たことがありませんので、きっと海鮮物がおいしいのだと期待して入店します。

▽注目記事:のぼりとSNSだけでランチタイムの集客に成功⇒JR小野田駅前の居酒屋「飛寅」がランチ営業 信州そば、定食提供 – 山口宇部経済新聞